ラシュモア山におけるアメリカ独立記念日大統領演説(抄訳)

この記事は約9分で読めます。

アメリカ共和党は減税派です。

トランプ大統領の演説をたまたま聞いたので、ちょっと訳してみました。(グーグル先生が)

それで日本語を読みやすいように修正かけたり、私が勝手に表現を変えたりしていますので、正確な翻訳とは程遠いものであることを最初にお断りいたします。

トランプ大統領演説

 

挨拶&ラシュモアはワシが守る!

ええ、どうもありがとうございます。

(中略:出席者への謝辞)

この壮大で素晴らしく雄大な山と、この記念碑の下は、アメリカ人にとって独立を祝うのに最もふさわしい場所です。

今日私たちは、ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、エイブラハム・リンカーン、テディ・ルーズベルトの並外れた人生と遺産に敬意を表すものであります。

この国とそして世界に対して、私は大統領として表明します、

「この記念碑は冒涜されることは絶対にあり得ない」と。

私たちの英雄の名誉は毀損されません、伝統は決して破壊されません、業績は決して忘れられません。

ラシュモア山は、私たちの祖先と自由への敬意として永遠に立ち続けることでしょう!

(歓声)

建国の理念をおさらいするで

私たちは1776年7月4日が、国家の歴史の中で最も重要な日であるということを示すために集まっています。

最終的には、すべてのアメリカ人の心はプライドが喚起され、すべてのアメリカ人の家族は喜びの声を上げますが、愛国者の皆さんはかつてない喜びで満たされることでしょう、それは皆さんが世界史上比類なき国に住んでいるからであります。

我が国の国父たちは、政府の革命のみならず、正義、平等、自由、繁栄を追求する革命を起こしました。

アメリカ合衆国ほど人類の進歩のために多くを成し遂げた国はなく、私たち市民ほど人類の進歩のために多くを行った国民はありません。

すべては、244年前にフィラデルフィアに集まり、独立宣言に署名した56人の愛国者の勇気ある行動のおかげです。

世界を永遠に変えた神聖な真理

「すべての人は平等に造られている」

を彼らは言い、大切にしました。

止められない自由への行進を動かし始めた不滅の言葉です。

国父たちは、天国の創造主から与えられたものと同様の、神の権利が私たちに与えられていること、そして大胆にも、神が私たちに与えてくださった自由を、何人たりとも奪うことができないと断言しました。

1776年は、数千年にわたる西洋文明の集大成です。

その精神のみならず、知恵、哲学、理性において勝利を収めました。

暴徒どもよ許さんぞ

しかしながら、今夜ここにあって、我らの先祖達が懸命に戦い、軋轢を乗り越え、自由を確保するために血を流してきた事績を脅かす危険が高まっています。

歴史を一掃し、ヒーローを中傷し、価値観を消し去り、それらを子供たちに教え込む無惨な活動に私たちは直面しています。

怒れる暴徒たちが、創設者の像を破壊し、神聖なる記念碑を汚し、街で暴力や犯罪の輪を拡大しています。

なぜ彼らの多くがそうした行動をとるのかは分かりませんが、その行動がどういうものかを知っている人はいます。

ヤツらは、アメリカ人は弱くて従順であると思っています、しかしそうではない!

アメリカ人は強くて誇り高いのです!

アメリカの国、価値観、歴史、文化を彼らが奪うことは許しません!

キャンセルカルチャー!!

彼らの政治的武器の1つは、

文化を取り消すこと(キャンセル・カルチャー)、

仕事から人々を遠ざけること、

反対者を辱めること、

そしていかなる反対者であろうとも完全な服従を要求することです。

これは全体主義の定義そのもので、私たちの文化や価値観にとっては完全に異質であり、その居場所はアメリカ合衆国の中にはありません。

私たちの自由、気高き自由へのこの攻撃は、止めさせるべきです。すぐにでも止めさせましょう。

私たちはこの危険な運動を白日の下に晒し、子供たちを過激な攻撃から守り、愛するアメリカ人の生き方を守ります。

サヨクども、許さん!

私たちの学校、ニュースルーム、企業の役員室でさえ、絶対的な忠誠を要求する新極左ファシズムが存在します。

あなたがその言語を話さず、その儀式を実行せず、そのマントラを唱えず、そしてその戒めに従わななければ、あなたは検閲され、追放され、ブラックリストに載せられ、迫害され、そして罰せられるのです。

まっぴらゴメンです。

間違いなく、この左翼の文化革命は、アメリカ革命を打倒するように設計されています。

アメリカの文明は、貧困、病気、暴力、飢餓から何十億もの人々を救い、人類を新たな高みの達成、発見、進歩に引き上げましたが、

ヤツらはこの文明を破壊しようとしています。

これを可能にするために、この国の遺産のすべての像、シンボル、および記憶を破壊することを決心しているのです。

聴衆「そうはさせるか!」

まさに。まさにその通りです。

そのため、私はモニュメントを保護し、暴動を起こした人と検察官の犯罪者を法律の最大限の範囲で逮捕するために、連邦法執行機関を配備しています。

聴衆:あと4年!あと4年!あと4年!

ありがとう。

昨日、連邦捜査官がワシントンDCの偉大なアンドリュージャクソンの像への攻撃を主導した容疑者を逮捕し、さらに数百人が逮捕されたことを報告します。

先週、私が退役軍人記念保存記念と承認法、またその他の法律に関連して署名した行政命令では、連邦の彫像または記念碑を損傷または改ざんした人は、少なくとも10年の懲役を受けることになります。

これには、当然ラシュモア山も含まれます。

自虐史観がクソな件

私たち国民は素晴らしい思い出を持っています。

ジョージ・ワシントン、アブラハム・リンカーン、ユリシーズ・グラント、奴隷制度廃止論者、その他多くの人々の彫像や記念碑の破壊を、国民は決して忘れません。

何年にもわたる教育、報道、文化的制度などによって行われてきた、極端な教化とバイアスを考えてみましょう。通りや街での、リベラルな民主主義者らに率いられたあらゆる暴力的な騒乱は、予測可能な結果ではありませんか。

子供たちは学校で自国を憎むように教えられ、銅像を作った男女は英雄ではなく悪人であると信じるように教えられるのです。

こんなことは自然と社会の法則に反しています。

アメリカの自虐史観は、嘘にまみれ、あらゆる視点が除かれ、あらゆる美徳は隠され、あらゆる動機が歪められ、あらゆる事実は歪められています。

そして正しい歴史が一掃されるまで、これらの欠陥が拡大され、すべての認識を超えて記録が変形されるのです。

ヤツら運動はラシュモア山の4人が残した遺産に対する公然と攻撃しています。

彼らはワシントン、ジェファーソン、リンカーン、ルーズベルトの記憶を汚しました。今日こそ我々は、歴史とその記録を真っ直ぐにに見つめましょう。

(中略:ラシュモア山の4人の大統領についての事績について語られます。)

アメリカは自由と平等の国であるぞ

これらの貴重なアメリカの遺産を解体しようとする運動には、愛国心をほぼ見出すことができません。

あり得ません。

この輝かしい遺産の破壊に対して大人しくしていても、私たちはより良い未来につなげることはできないでしょう。

わが国を攻撃する過激なイデオロギーは社会正義の旗の下で前進しています。

しかし、実際には正義と社会の両方を破壊することになります。

それは正義を分裂と復讐の道具に変え、私たちの自由で寛容な社会を、抑圧、支配、排除の場所へと変貌させます。

彼らは私たちを黙らせたいでしょうが、私たちを黙らせることはできません。

聴衆:USA!USA!USA!

聴衆:いいぞ!トランプ!!好きだああああああ!!

ありがとう。どうもありがとうございます。どうもありがとうございます。

自由と平等、法と秩序

臆することなく真実を述べます。

私たちは、アメリカ合衆国が地球上に存在する最も正当で例外的な国であることを宣言します。

私たちの国がユダヤ教とキリスト教の原則に基づいて設立されたことを誇りに思っており、これらの価値観が世界中の平和と正義の原因を劇的に進歩させてきたと考えます。アメリカの家族はアメリカの生活の基盤であります。

私たちは、国境を確保するすべての国の厳粛な権利と道徳的義務を認識し、壁を築いています。

政府は、国民の安全と幸福を守るために存在することを忘れません。

国はまず国民を大切にしなければならない。私たちはまずアメリカを大事にしなければなりません。

今こそです。

あらゆる人種、背景、宗教、信条の市民に対して、機会均等、正義、平等な待遇というものに、私たちは確固たる信念があります。

私たちは、スピーチコードやキャンセルカルチャーではなく自由で開かれた議論を求めます。

私たちは偏見ではなく寛容を受け入れます。

私たちは法執行機関の勇気ある男女をサポートします。

私たちは警察を廃止すること、武器と武装する権利を私たちに与える偉大な修正条項2条(合衆国憲法参照)を廃止することは決してありません。

子供たちが国を愛し、彼らの歴史を尊重し、私たちの偉大なアメリカの国旗を尊重するように教えられるべきだと信じています。

私たちは背が高く、誇りを持って立っており、全能の神にのみひざまずきます。

これが私たちの姿です。

これは私たちが信じていることであり、さらに良い、より良い未来を築こうと努力するための大切な価値です。

私たち自身とアメリカの運命を理解できなくなるぐらい、アメリカ人にプライドと尊厳を忘れてほしいと像の破壊者たちは考えています。

私たちが国のために感じ、お互いに感じる愛と忠誠心の絆を、1776年の英雄を倒すことでヤツらは消し去ろうとしているのです。

彼らの目標はより良いアメリカではありません。

アメリカを終わらせることです。

(後略:この後の発言の趣旨はだいたい同じことの繰り返しのようです。)

まとめ

 アメリカの建国理念とその歴史に立脚し、国がさまざまな問題を乗り越えて今日の繁栄につながっていることを訴えながら、その歴史の象徴である偉人の像や記念碑を冒涜することを痛烈に非難し。

「アメリカの歴史を消去しようとしている、左翼の暴徒どもは許さん!」

 と訴えています。この論点は、民主党批判の布石にもなっていると感じました。

 動画も観ましたが聴衆は大喜びで、喝采の嵐でした。

 他の細かい論点をまとめるとこうなると思います。

アンティファは極左

自虐史観やめろ

キャンセルカルチャーはクソ

ポリコレ棒長すぎやめろ

アメリカは自由と平等の国や

法と秩序を取り戻すで

 日本も、メディア、教育をはじめとしたさまざま場所で、サヨクの浸透があり、大変苦々しい状況です。ところが、強い強いアメリカという国でも、同じようなことで悩んでいることが読み取れます。

 まともな軍隊もなく、つい最近まで国家戦略もなく、インテリジェンス機関がやっとできたばかりの日本ですから、やりたい放題されるのは当然のことですね。

 トランプ演説には、チクチクと「民主党はサヨク」と言いたそうな箇所がいくつかあり、今後の巻き返しに期待します。

 ロリコンボケ老人のバイデンなんかに、負けてほしくないものです。

 

コメント