【レジ袋有料化】これってもはや階級闘争じゃね?【反対】

この記事は約4分で読めます。

階級闘争と言えば、社会主義者や共産主義者が

資本主義をぶっつぶせー!

とやるイメージでしたが、令和の日本における階級闘争はどうやら

【オレたち】vs【自民党議員】+【官僚】+【既得権益者】

 という図式のようです。

 もっと簡素化するとこうなります。

【オレたち】vs【貴族連合】

 敵はあまりにも強大です。

 有無を言わさずごり押しで増税をやってきます。

 民草の財布の中に手を突っ込んできます。

 その象徴と言えるものが、

 今回のレジ袋有料化でしょう。

 何の断りもなく、十分な議論もなく、いつの間にかしれっとレジ袋が有料化されることになりました。

 一体、何を根拠に、誰が、どんな権限で?

 レジ袋を有料化したのでしょう。

 こんな話、選挙の公約にもなかったし、我々庶民にとっては寝耳に水な話です。

ひどいごり押し

 しかし、ごり押しされられました。

 当たり前の話ですが、

 お買い物をしない国民などいません。

 コンビニ、スーパー、薬局、テイクアウト、トイザらス、しまむら……

 私たちはさまざまな場面でレジ袋を利用します。

 それを有料化するというのは

実質的な増税と変わらないではありませんか。

私は、断固としてレジ袋有料化に反対します。

こういう仕事だけはお役所は早いという見本

 お役所というのは、こういう仕事だけは速攻で仕上げてくるので本当に腹が立ちます。持続化給付金が未だに入らず、廃業に追い込まれた人がいる一方でということをどうか銘記しておいてください。

 ほんと、余計なお世話ですよね。腹が立つ以外の感情がありません。

皆様の反応 

 まずは、内藤陽介先生の怒りのコラムをぜひお読みください。

 武田邦彦教授も反対しております。

これより下も、私がこれまでに収集したレジ袋有料化に対するさまざまな反証です。

 本来ならばこれらの論点をまとめて皆様にご提示するべきところですが、単なる列挙になってしまった点はお詫び申し上げます。

 しかし、どの論点を見ても、レジ袋有料化が、科学的根拠が無く、いたずらに国民に負担を強いていることがお分かりいただけます。

 どうかお時間の許す範囲でご参照ください。

 特に、末尾にご紹介した飯田佳宏氏の一連のツイートは圧巻です。

 これだけ反証が多いにも関わらず、政府はレジ袋有料化という実質的増税を国民に課してきました。

 そして、このレジ袋有料化は、自民党お得意の「特定団体への利益誘導」ということも言及されています。

 ここで、私が冒頭掲げた表題を思い出していただきたいのです。

 これってもはや階級闘争じゃね?

 自民党とそれに連なる貴族連合に、いいように食い物にされるのはごめんです。

 ヤツらに減税圧力をかけて、貴族連合をぶっつぶしましょう!

レジ袋有料化反対メールを送りましょう

コメント