クルマ減税会爆誕記念日でございます

この記事は約3分で読めます。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

コロナショックで、困っている人が私の周りでも増えてきたような気がしています。

先日は、あるお知り合いの方が、

「たぶんうちの会社は次の決算で……」

とこぼしていました。

ケチケチ日本政府

 日本政府は、相変わらず「減税」「税の免除」だけは頑として言い出しませんね。

「猶予」だけを言って、ドヤってます。

いやいや、「猶予」はいつか払わなあかんやん。

 今年「猶予」してもらったとして、来年になったら

「去年の分も払ってや」

 って、余計きついんとちゃうんかい!

 そしてですね。これは、ほんとびっくりするんですけれども、税金の納付書だけはきっちり届きますよね。ほんま腹立つ。

 10万円給付される前は、

「そや!最新型のiPhoneでも買うたろ!」

とかウキウキしてたけど、「固定資産税」「市県民税」「自動車税」って、うぅぅぅ、ほとんど残らない(泣

 日本という国は、じわじわと、しかし着実にディストピアへの道を歩んでいるような気がします。なんとか止めなくてはなりません。

ほんま腹立つ、自動車税

 本当に腹が立ちます。自動車税。

 都会と違って、地方では、生きていく上で車が必需品となります。

 自動車税に関しては、以前にもここで話題にしたことがありました。

 また、こんな切り口もありました

自動車にまつわる罰金まとめ

①買ったら罰金消費税
②走ったら罰金ガソリン税+石油石炭税+温暖化対策税(+消費税)
③高速道路は罰金高速料金(+消費税)
④車検と言う名の罰金自賠責+重量税+検査手数料+整備費用(+消費税)
⑤毎年罰金自動車税/軽自動車税(排気量に応じて課税)
 +環境性能割(0~3%)
⑥あ、免許証にも罰金つけとくわ更新料

さて、こんな記事を書いているところに、渡瀬先生のこんなツイートが

ということで、本日「#クルマ減税会」爆誕でございますw

「クルマ減税会」に乾杯♪

 

コメント