コロナウイルス対策反省会1【補償なき自粛】

この記事は約2分で読めます。

 相変わらず「しょぼい」「遅い」「ややこしい」政府補償です。

 日本経済が大変な不況に突入していくのが明らかな場面にもかかわらず、国会は経済対策よりも権力争いの方に熱心なご様子で何よりでございます。

 国民の生命と財産を守るのが、政府の使命であるはずですが、そういう様子は見られません。

「自粛しろ、ただし補償はしない」

という、インパール作戦顔負けの状況に国民は追い込まれています。

「ちゃんと政府は対策を出しているじゃないか」

「くれくれ言うな、自己責任だ」

と反論する人もいるでしょう。

 そういう問題ではありません。

 政府の財政出動のうち「いわゆる真水」と言われる部分がしょぼすぎるのです。

 この状況下であれば、国債を発行して200兆円を超える財政出動が必要です。

 これまで失われたGDP+今後失われるであろうGDPを考えればそれくらいやって当然なのですが。二次補正予算規模はたったの13兆円……

 そして、追加の一律現金給付は見送りの公算。

 日銀は「追加緩和強化すっぞ!」と言って、ボールを政府に投げました。

金融緩和の強化について(PDF)

つまり、「金融」は全面バックアップするから、「財政」あとはたのんだぜ。というメッセージです。

 政府が積極的な財政出動をしても、「金融」がお地蔵のように動かなかったために世界で一人負け状態になったのが、以前のリーマンショックでした。

 今回は、逆です。

 日銀は「金融緩和する!」と言っているにもかかわらず、政府が地蔵のように動かない状態です。

 政府=自公政権です。

 このままだと日本経済は、不況のどん底にたたき落とされてしまいます。

 指をくわえて見ている場合ではなくなってきました。

私たちの活動は随時更新されています

コメント